css by TEMPLATED

     





第5回 紫峰祭 第1部 (2018/10/06)


 台風と台風の合間をぬって、朝から信じられないような快晴です。本日、第5回紫峰祭が盛大に催されました。
 第1部は体育館でアフタースクールやクラブの発表です。





 目の前で繰り広げられる、斉真ダンスの美しい舞踏や、剣道や空手の息をのむような真剣な演舞披露。





 合唱クラブの澄んだ歌声や、アフタースクール国語の音読劇にみられる子どもたちの表現力。





 そしてアフタースクール・ヒップホップダンスの弾けるような楽しさで、会場は最高潮に達しました!




 表現こそ様々ですが、それぞれに全力を出し切った子どもたち。きらきらとかがやく汗とやり切った表情のまぶしさに、これまでの努力と達成感があふれてきているかのようです。




第5回 紫峰祭 第2部 (2018/10/06)


 そんなえどとり小の児童たちの様子を間近に体験できるのが紫峰祭第2部、学年・学級催し物です。



 会場ごとに色とりどりの魅力を放つ1年生のえどとりパーク。楽しさは底なしと言われた2年生のえどとり屋台。




 3年生は、全員が「江戸取調査隊」。児童たちの多岐にわたる研究を披露しました。




 4年生はバリアフリー/ユニバーサルデザインについて発表。体験を通じて理解を深めてもらうことができるような展示です。



 5年生は自分たちの住む日本について、この国の過去から未来までを5年生らしくまとめあげました。




 6年生は自分たちで国連を開催し、世界の現状について議論しました。




 こうして、児童たちの頑張りがギューッと凝縮された紫峰祭は、あっという間に閉会の時をむかえました。
 江戸取小の教育の成果を間近でご体験いただけたのであれば幸いです。ご参加いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。


これまでのトピックス