江戸川学園取手小学校 - 生徒の夢は学校の目標




 css by TEMPLATED

       





夏季研修会 (2018/07/30)


 夏はサマースクールや学童保育が始まる一方で、教職員たちによる会議や研修活動が活性化する季節です。チームごとに集まって研修会を開いたり、さまざまな分野における専門家を招いた講習会が実施されたりしています。



 今日は取手警察署にご協力いただいての不審者対応訓練が行われました。警察署職員の方々からは、実際に現場で遭遇した事例をあげながら講義をしていただきました。




 全員が講義室を出ての実技指導が行われました。防犯用具の使用法についての指導ではその特性や相手の様子などを正しく判断して道具を扱うことの重要性が指摘されました。実際に教職員が道具を持ってその特性について検証しました。




 学校と警察署のお互いの立場で、あらゆる場面を想定した質疑応答がなされました。危機的状況に対してどのように準備し対処していくかが論点となりました。有効な伝達方法や護身術に関する意見が交わされました。



 あらためて日常的な危機感を高めることができました。取手警察署の皆さま、有り難うございました。


オーストラリア語学研修 (2018/07/13-22)


 早朝、全員が元気に到着しました。気候は日本の猛暑を忘れるくらい快適です。今年は参加者が多いため、Grace Lutheran Primary SchoolとSuncoast Christian Collegeの2校に分かれてステイしました。



 そしてホストファミリーとご対面。ワクワク、ドキドキ! 誰しも緊張する瞬間です。子どもたちは一生懸命に挨拶をし、言葉を交わしました。いよいよ現地での生活が始まります!



 翌日、はじめてHF宅で週末を過ごして、全員が元気に登校してきました。レッスンが始まると、子どもたちはこれまで習ってきた英語が通じるという感動を味わっていました。みんな元気よく積極的に先生の指示に従って活動しました。




 お昼は、バディといっしょにランチタイムです。会話を交わしながら和気あいあいとランチを楽しんでいました。子どもたちはとけ込むのは早いものです。一緒に遊んだり、おしゃべりをしたりして楽しい時間を過ごします。




 現地校の友だちと会話を交わしながら食事を楽しみ、また遊べば遊ぶほど友達の輪も日増しに広がり、英語の表現幅や語彙力も広がってきているように感じました。子どもたちが一生懸命努力する姿には心を打たれます。




 現地校のレッスンにも参加しました。大変貴重な経験です。もちろん、すべて英語です。
 日本語のクラスとパフォーミングアーツのクラスでは、日本の伝統的なおもちゃを紹介して、クラスメイトと一緒に遊びました。





 最終日、全校生の前でスピーチをして、よさこいソーラン節を披露しました。みんなの気合いが伝わって、たくさんの拍手を頂きました! 感謝の気持ちが伝わったかな?




 あっと言う間の10日間でした。ホストファミリーともお別れです。皆さん、本当の家族のようでした。最後は笑顔でさよなら。子どもたちを可愛がってくださって、本当にありがとうございました。


これまでのトピックス