2018年


入学式が挙行されました(2018/04/05)




 会場に新入生が入場してきました。今日は待ちに待った入学式です。呼名では一人ひとりの名前が呼びあげられるたびに力づよい返事が響き渡りました。祝辞では多くの祝福のお言葉をいただきました。



 新入生の言葉では落ち着いた様子の新入生代表児童のMくんから、新しい小学校生活に向けた希望が、はきはきとした言葉で語られました。




 在校生代表児童のNさんからは優しい歓迎のことばがありました。参列した2年生からは、新入生児童全員に向けた呼びかけがありました。息の合った呼びかけに、新1年生たちもきらきらと目を輝かせておりました。
 新入生のみなさん、入学おめでとうございます!


縦割り班活動納め会 (2018/03/16)


 学年の垣根を越えて、とっても仲のよいえどとり小の子どもたちです。今日は縦割り班活動で全校児童が集合しました。



 本年度における縦割り班活動の最終日となりました。集まった児童たちの前で、この日のために新曲を携えた合唱部が美しい歌声を披露しました。今回は縦割り班の納め会です。



 穏やかな雰囲気から一転、なわとび大会が始まりました! 跳び方に応じた6つの種目があって、班ごとに選手を抜擢します。どの競技に誰が出場するのかが決まったら、さあ決戦です。会場が熱狂に包まれました!


すてきなイス(2018/03/16)


 片付けられた教室にすてきなインテリアが並んでいます。新しい家具の品評会でしょうか!?



 どれも貫禄のある、立派なイスです。なかなか独創的な形状のものもありますが、それぞれ制作者と作品名がつけられています。これらの家具は5年生が制作しました。



 大人がすわってもびくともしないというのが作品の条件(!)です。いろいろと腰掛けてみたくなりますね。学期末、子どもたちは誇らしげに持ち帰っていきました。


アフタースクールピアノ発表会 (2018/03/03)


 アフタースクールピアノ受講児童たちの発表会が催されました。アフタースクールピアノは小学校開校と時を同じくしてスタートし、本校教員をはじめとした熱意のある講師陣によって、まばゆく光を放つようなピアニストたちが育まれてきました。



 見た目こそ小さな奏者たちですが、鍵盤からあふれてくる音は、情感の込められた素晴らしいものばかり。いつもはとびきり元気な子がしっとりと情緒にみちた音を紡ぐこともあれば、普段はもの静かな印象のある子が驚くような表情豊かな演奏を披露することもあります。




 小学校の歴史と共に歩んできたアフタースクールピアノ。そこには、精進し、感性を磨くえどとり小の子どもたちの姿があります。そしてその成果は、大きな感動というかたちで会場を満たしていきました。


音読集会 (2018/02/27)


 今日は音読集会です。かたずをのんで見まもっている会場の静けさを打ちやぶるように、元気のよい声がこだましました。



 1年生は『お月夜』と『雨ニモマケズ』です。作品は1年生が普段使わないような言葉遣いが使われていますが、きちんと自分たちの言葉としてとらえ、まっすぐな気持ちで訴えかけました。



 2年生は『春望』を読みました。続く『ともだち』では、ひとりで読む箇所と全員が声を合わせる箇所が大きなうねりとなって熱をおびて盛りあがり、読後にさわやかな感動を残しました。




 3年生は『きつつきの商売』です。テンポのよい、それでいて寸分の乱れもみられない音読となりました。穏急をはっきりとつけながら、しかも登場人物たちの魅力にあふれた舞台となりました。



 和太鼓が激しく打ち鳴らされ、はっぴ姿の児童たちが登場しました。4年生の『お祭り』では、日本のお祭りの熱狂的な風景を、見事に、威勢よく演じきりました。わっしょい、わっしょい!!




 最後は5年生の『がまの油売り』の口上です。活きのいい語り口に合わせて、山寺の鐘つきや筑波山の情景を複数人で描写します。四六のガマなどは、今にも舞台からとび跳ねてきそうに思えるほどの迫力でした。
 応援に駆けつけてくださった方々、ありがとうございました!


ビール工場見学 (2018/02/13)


 アサヒビール茨城工場へ、5年生が社会科見学のためにやって来ました。大きな工場で、瓶詰めの製造ラインの迫力や、ろ過されて透明に輝くビールの美しさに、子どもたちも目を見張ります。



 ビールの原料である麦芽やホップを、酔っ払わないか心配しながら手にとって香りをかいでみたり、煮込んだ麦汁に酵母を加えて発酵させていく様子を見学したりすることができました。




 児童たちは、工場見学にあたって事前に念入りな下調べをしてきました。そこで現場で働くスタッフの方々に、見学に来たら知りたかったことを、たくさん質問することができました。



 5年生たちの、まるで取材記者のような質問内容のするどさに、工場の方々にも感心されておりました。子どもたちは学校へ戻ると、さっそく新聞にまとめました。学内では楽しい展示コーナーをつくられています。


チャレンジランニング (2018/02/07)


 チャレンジランニングです。子どもたちは、年明け前後から走る練習を続けており、今日、本番をむかえます。




 練習の時も元気いっぱいで走っていた1年生が登場。1年生も2年生も1キロを越える道のりですが、軽快な走りを見せました。きれいなフォームで疾走する姿が、澄んだ青空に映えます。




 会場では、応援に駆けつけた保護者の他にも、中・高等学校のテニスコートにいた先輩たちからも声援がかかっていました。そんな応援のなか、3年生も自分のペースを保ちながら、テンポよく走りきることができました。




 4・5年生は、体力自慢の児童が率先し、全体をぐんぐん引っぱっていきました。熱中するあまり、準備した防寒具を外しながら全身で走ります。折り返し地点からゴールの瞬間まで、驚くようなドラマが待ち構えていました。






 体力だけではなく、子どもたちの精神力の強さにも心打たれるような、さわやかな感動を呼び起こすチャレンジランニング大会となりました。


豆まき (2018/02/02)


 今日の給食の献立は、福豆、いわしの蒲焼き、ひじきの炒め煮、とうふのみそ汁。あまい味付けで、とってもおいしかったね! ということで、学校中が節分ムードです。



 放課後の学童保育の時間には、豆まきが行われました。手作りのお面をつけて、鬼役に向かって豆をまきます。鬼は外ッ!



 鬼役の子がかわいそう? 鬼役は交代で、時間の区切りごとに立候補。「私、まだやっていません!」と、鬼役を我先にと争いました。さあ、お面をつけたら、全速力で逃げるぞ!!


昔遊びの会 (2018/02/02)


 1月の半ばごろから、1年生は生活科の時間を利用して、みんなで「昔遊び」に挑戦して楽しんでいます。



 そして今日は『昔遊びの会』の日です。保護者や祖父母の方々といっしょに、羽子板はねつきやこま回し、お手玉やあやとりといった昔遊びを体験しました。



 遊びの大先輩たちに昔遊びの面白さを伝授されながらも、いざ勝負の場面になったときは、全力で挑みました! たくさんの種類の遊びのコーナーが設けられ、すべて体験するのは大変です。時間はあっという間に過ぎ去っていきました。
 ご協力いただきました父兄の皆さま、ありがとうございました。


銀世界 (2018/02/02)


 夜明け前から雪がしんしんと降り続けています。児童たちが今日も元気に登校してきました。



 校舎まで無事到着! 屋外はすっかり銀世界です。関東では数年に一度くらいの雪模様となりました。


芸術鑑賞会 (2018/01/25)


 今日は芸術鑑賞会です。スクールバスで港区の客船ターミナルまで移動し、みんなでランチをとりました。晴海ふ頭では穏やかな海を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしました。



 晴海からスクールバスに乗って、高層建築物に囲まれた都心の様子や下町の様子などを見学しながら劇場に到着。作品は『ライオンキング』です。看板の前で、「ガオーッ」!!



 会場から笑い声の絶えない、アフリカの大地を舞台とした壮大なミュージカルを、心ゆくまで満喫しました。
 子どもたちの感想はこちらからご覧いただけます。


スキー教室 (2018/01/14-16)




 子どもたちも楽しみにしていた、スキー教室が始まりました! 参加しているのは、まったくの初心者から経験者まで。スキー教室では、スキーブーツの履き方から上手な滑り方まで、レベルに応じた指導を受けていきます。



 子どもたちは、できるようになったことを楽しみながら練習に励んでいきました。嬉しそうに「できるようになったよ!」と話してくれる子どもたち。その瞳はキラキラと輝いていました。



 リフトに乗ると、頂上からは見事な磐梯山が拝めました。その絶景に大興奮! スキーともすっかり親しむことができました。一日の終わりには「がんばりきれた!」という達成感で、どの子もよい表情を見せてくれました。




取手市新春健康マラソン大会 (2018/01/14)


 取手の冬といえば、取手市新春健康マラソン大会です。今年もその季節がやってきました。



 本校からも脚自慢の児童たちが参戦しました。富士を望み見ながら、取手緑地運動公園マラソンコースにおいてその健脚を競い合いました。



 表彰式では、晴れわたる青空のもとでがんばった児童たちが讃えられました。おめでとうございます!!


小・高対抗かるた大会 (2018/01/12,19)


 5年生と江戸取高校生とのかるた大会がありました。かるたは『幹細胞かるた』を使用します。何やら不思議な絵札が並んでいて、これまで慣れ親しんだ百人一首とはだいぶ趣が違います。



 事前に児童たちが高等部に赴き、かるたの内容について高校生から解説を受けました。各カードには難しそうな専門用語が飛び交う内容が記載されていますが、小学生にもよくわかるように教えてくれました。



 かるた大会の本番は小学校で実施されました! はじめこそ高校生が優勢でしたが、小学生も持ち前の集中力と負けん気で、どんどん高校生を追いあげていきました。総合結果では高校生を小学生が打ち負かすことができました。


書き初め (2018/01/11)


 年が明け、子どもたちが書き初めをしていました。新年の志をこめて書かれた言葉は『ふじ山』です。
 小学校から眺めても、青空にまぶしく富士山が映える季節になりました。




 あらたまった面持ちで1年生が筆をとった書き初めです。教室には、堂々とした、それぞれに美しい富士が並びました。


2017年のトピックス